結局上手いボーカリストとは何なのか(・_・)?

結局上手いボーカリストとは何なのか(・_・)?

2019年5月1日 オフ 投稿者: office potatocod

もちろん音程、音量、リズムなど音楽的なことが出来てるのは前提なのですが、

人の心を動かすように人の心にシンクロしていくくらいまで表現できるようになることではないかと思う。と『高い声で歌える本』の高田三郎さんの、あるボーカルの教本に書いてあります。

高田さんの著書を僕はいろいろと参考にしているところがありますが、

この、「人の心にシンクロしていく」ということ。

これが、まさにホメオスタシス同調で起こる感情伝達です。

これまでのボーカルトレーニングの世界では、そこの理屈が説明できなかった時代で、

ボイストレーナーは音程やリズムやミックスボイスなどといって声域を広げるようなトレーニングに終始するしかなかった。

(元オリコン社長の右脳歌唱法や、演劇的なボイトレや演技の世界にはあったかもですが、)

具体的にはどうすれば、人の心にシンクロ出来るのか?

その答えは、僕の場合、気功にありましたが、なかなかこれを体系的に伝えるのは難しいですが、ごく単純に言えばリラックス出来ればよいのね。

そこに感情を自由に思い起こせると、基本的に脳波が相手より低ければ感情なり、その人の世界の何かの伝達が起きます。

でも、いわゆる感情込めすぎるとべったりとした良くない歌になるわけでしょ?

なかなか難しいよね。

身振りとか表情で表現すればそれなりに感情入るのだろうけど、

ここで僕がいう感情の伝達というのは、いわゆる演技的な表現力があるって事とは少し違う。

そんな簡単な事だったら、とうの昔にそうしたメソッドが普及してるはずだ!

(僕が言うのは、イメージが転写するような現象を指してるんだよ)

ボイストレーナーの方でここいらのことや、新メソッド開発などにご興味ある方いましたらご連絡お待ちしております。

音程トレーニングなんてのはアプリやチューナーで出来てしまう時代

いざボイトレ・新開拓時代へ(`・ω・´)!

朗読セラピーとかさ、ボイスセラピーみたいな分野へいっちゃうのも、このブログが目指すところとはちょっと違う。微妙ですがー