声がれに漢方薬という選択肢/【追加】鼻水・鼻詰まり

声がれに漢方薬という選択肢/【追加】鼻水・鼻詰まり

2019年4月2日 オフ 投稿者: office potatocod

気功をしてた関係から、漢方の勉強もしました。なにせ、ボーカルは肉体芸術ですから健康第一です!

ボーカリストの不調にも漢方使うのは良いかと思います。最近ではドラッグストアでも簡単に手に入ります。

漢方は、症状と気、血、水の異常、虚実、陰陽の証を総合して観察して見極めて処方されます。(処方はお医者さんにお願いしてください)

ですから、一概に声枯れだからこの漢方薬と決められるものではないので、まず専門家に相談するのが良いですが、参考に声枯れに効く漢方薬を二つ挙げておきます。

【麦門冬湯】痰が絡むようなガラガラ声、顔が赤くなるほど咳き込むようなとき、切れにくく粘りのある痰が少量でるときに使用する。タバコで荒れている方などによい。


【半夏厚朴湯】せき、しわがれ声、喉のつかえ感に良い。(体力中程度、普段から胃腸が虚弱な人に向く)

鼻詰まりも共鳴へ影響しますので、漢方での対策を書き加えますね!

漢方では、アレルギー性鼻炎などの鼻水鼻詰まりは水毒と考えられ、花粉症などは肺気虚。

◯葛根湯(かっこんとう)

自然な発汗がなく発熱頭痛寒気肩こり風邪の症状のある人に使います。比較的体力のある人向き

◯小青竜湯(しょうせいりゅうとう)

水っぽい鼻水、痰が出て、咳、くしゃみ、呼吸困難、尿の量の減少、むくみなどがある人が使います。

◯辛夷清肺湯(しんいせいはいとう)

比較的体力のある人の鼻詰まりに使います。

鼻腔内が乾燥して痛みがあるといった症状の場合に使われる。

◯麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)

アレルギー性の症状に加え、頭痛、微熱、めまい、寒気、全身倦怠感、咳、痰などの風邪の症状があり、手足の冷えが強い場合に使われます。虚弱体質やお年を召した方に向いていて、体力が充実した人が使うと副作用がでやすい。