ロングトーンの練習法 (`・ω・´) 安定した音程で声を伸ばして出すには、腹式呼吸が必要です/背中側、あるいは腰あたりに滝をイメージする/広瀬香美さんの歌い方の本

ロングトーンの練習法 (`・ω・´) 安定した音程で声を伸ばして出すには、腹式呼吸が必要です/背中側、あるいは腰あたりに滝をイメージする/広瀬香美さんの歌い方の本

2019年4月2日 オフ 投稿者: office potatocod

ロングトーンの練習法(`・ω・´)

安定した音程で声を伸ばして出すには、腹式呼吸が必要です。

鏡の前で自分が呼吸をしている時の肩に注目してください。

もし、息を吸う時に肩が上がり、吐くと下がる

みたいな動きをしていたら、胸式呼吸をしてます。

腹式呼吸を実感するためには、

床に仰向けに寝てリラックスして呼吸してみると掴みやすいです。

寝ていると自然とお腹に息が入ってきます。

腹式呼吸がつかめたら、その感覚のまま

寝たまま声を出してみましょう。

肩に力が入ってしまう人に、とくにオススメの練習法です。

ボイストレーニングの

基本的な練習法に、よく取り入れられてる方法かと思います。

試してみては

録音してみて声質がこもっていたり、音程がフラット気味になってきたりしたら、

お腹の動かし過ぎや空気の吸い込み過ぎのイマイチな腹式発声なってるかと思います。

声が枯れたりも同様で、肩こりを感じるようだともっとイマイチ!(`・ω・´)

リラックスする事を心がけよう

背中側、あるいは腰あたりに滝をイメージするのも気が降りて、(リラックスして)腹式発声しやすいよ(`・ω・´)

ただし、リラックスするのは上半身で、下半身は重心を落としてないと、いわゆる声の支えがなくなって、イマイチな歌になります。

現代人は昼間緊張して過ごしている人が多いので、リラックスした腹式呼吸ってなかなか出来なくなっていて、(特に女性のが腹式できにくいですよね)

変な話お尻の穴を締めると腹式になりやすいと広瀬香美さんのボイトレ本で読んだ。

今日から歌がうまくなる!広瀬香美の歌い方教室 https://amzn.to/2Um3AK4

なんと、声がお尻の穴から頭上へ抜け、ロケットみたいに頭上へ飛んでいくというイメージをつかっています。

それで、ピンと来たんですが、気功でもお尻の穴から頭の上まで炎をイメージで上げていって、その通り道にある悪い気をみんな燃やしてしまうといった方法があるんです(そして宇宙まで気を通わせてまた戻すのですが)

と言うことは…

広瀬香美さんの方法は、気功で言えば大周天みたいな、、元オリコン社長の右脳歌唱法みたいなものにも通じるようなメソッドなのでは

まあ、